intco medical公式サイトへようこそ!

上海

上海INTCOECGメディカル株式会社は2003年に設立し、医療用使い捨てECG電極とTABタグ電極の研究開発、製造、販売、サービスに取り組んでいます。

工場は約19060平方メートル敷地を所有しています。同社は米国から輸入した複数の完全自動化生産ライン、高度な試験装置、清浄度レベル100,000のクリーンな製造所を所有しています。同社が製造されたECG電極とTABラベル電極はアメリカのFDA(クラス2)、欧州連合CE、ISO13485およびその他の多くの品質マネジメントシステムおよび製品システムの認証を取得しています。

中国で必要な医療機器販売登録証明証、医療機器生産企業許可証一式を保有しています。

获得多项实用新型专利证书。

さらに、複数の実用新案特許証明書を取得しています。

製品品質と国際市場のシェアは、中国国内の競合他社と比較しても先進的な地位を確保しています。

青州

山東INTCOメディカル株式会社は2010年8月に設立され、山東省青州市の峱山工業団地に位置し、約40万平方メートルの敷地を所有しております。

2,000人以上の従業員を擁し、当社は主に医療用のPVC手袋、ニトリル手袋、ラテックス手袋、PE手袋、その他の医療用製品の製造と販売を行っています。これらの製品は電子チップなどの精密機械製造、実験室保護具、医療および健康保護具、美容院、家内労働の保護具、原材料および調理済み食品の加工など、様々なシーンでご利用いただけます。

同社はハイテック企業、省内の製造業分野で最優良企業、濰坊市のステルス最優良企業、濰坊市技術センター専有企業と評価されており、濰坊市重点実験室、濰坊市工学技術センター、濰坊市立工学研究所を保有しています。

同社は独自の研究所と研究開発チームを持っており、2件の発明特許と20件の実用新案特許を持っています。さらに、濰坊市科学技術開発計画プロジェクト1件及び青州市科学技術開発計画プロジェクト2件を担当しています。同社は業界で求められている医療用製品製造ライセンスや輸出入ライセンス、ISO9001品質管理システム認証、ISO 13485医療機器品質マネジメントシステム認証、BRC(グローバル消費財)認証を取得しています。

アマゾン、CVS、マッケソン、ターゲットなどの世界的に有名なブランドの品質および社会的責任の監査に合格しています。

淄博

INTCOメディカル科学技術株式会社は、2009年に山東省淄博市に設立され、13万平方メートルを超える敷地を所有し、700人以上の従業員を擁しています。

使い捨てPVC手袋と使い捨てPE手袋の研究開発、製造、販売を専門として、中国で先進的なPVC手袋生産ラインを所有し、年間30億枚以上の使い捨て手袋を生産しています。

医療用手袋を高い比率で安定して生産でき、中国で数少ないスマート製造企業の一つです。

安徽

安徽INTCOメディカル株式会社は親会社のINTCOメディカル科学技術株式会社が設立した完全子会社です。2017年に設立され、従業員数は3,000人を超えています。

主に使い捨ての医療用PVC手袋、ニトリル手袋、その他の医療製品の製造・販売を行っています。

同社には生産部門、生産計画部門、設備自動化部門、品質管理部門、技術研究開発部門、サプライチェーン管理部門、国内営業部門、海外営業部門、マーケティング部門、倉庫保管・ロジスティクス部門、財務部門、人事部門、総務門、情報自動化部門、安全環境保護部門、品質改善部門などの部門が設けられています。

同社は中国でも有数の使い捨て医療用手袋の生産拠点を建設する為に多額の投資を行っています。

この生産拠点は53万平方メートルを超える敷地を有し、建設期間は2~3年と推定しています。

安徽INTCOメディカル株式会社の建設完了後、5,000人の従業員の雇用を予定しています。輸出企業として、同社製品の80%は海外のお客様へ提供されます。同時に、本プロジェクトが動き始めた後、上流産業に30億元の需要を作り出すことができ、上流サプライチェーンの安徽への投資意欲を向上させ、INTCOメディカルを中心とする医療用品工業団地に強い動力をもたらすことができるとともに、淮北市の「投資企業吸引」戦略の先見性を証明し、「中国碳谷、绿金淮北」(中国のカーボンバレー、淮北の豊かな自然を未来につなぐ)の確立に新しいエネルギーを貢献し、安徽省が「製造強省」の目標の実現に更に微力をささげます。

江蘇

江蘇インコメディカルプロダクツ株式会社は2004年に上海に設立され、その前身は上海インコメディカルプロダクツ株式会社でした。 2015年に鎮江に移転し、リハビリ機器部門(旧インコ(鎮江)機械株式会社)と合併し、江蘇インコメディカルプロダクツ株式会社に社名変更。江蘇インコテックは鎮江市の大江新区にあり、700人近くの従業員と140,000平方メートルの面積を持っています。主な製品は、アイスパック、ヒートパック、再利用可能なジェル理学療法バッグ、ウォームペースト、アイスパッド、制熱ペースト、ホットパック、アイスピロー、アイススカーフ、アイスゴーグル、アイスマスクなどです。江蘇インコは上海インコの主な生産拠点として、アイスパッドなどの生産も行っています。 2020年4月には、4つの全自動手指消毒剤生産ラインが正式に稼働し、月産600万本の手指消毒剤ゲル消毒剤が生産されました。また、江蘇インコの生産拠点は、医療用耐久機器の研究開発と製造に専念しています。 、手動/電動車椅子、患者用リフト、歩行者、便器用椅子、シャワー用椅子、歩行者など。米国、ヨーロッパ、アジア、およびドライブ、サンライズ、オットーボック、ターゲット、ウォルマート、CVS、ウォルグリーンなど、世界中の50を超える国と地域のお客様。

TOP